美容室よりも1000円カットが圧倒的にオススメな10の理由

Jo_Johnston / Pixabay

こんにちは。

あなたは1000円カットに行ったことがありますか?

正直、1000円カットを誤解している方が多いと思います。

『1000円カットはなんとなく不安だな…』

と一歩を踏み出せていない方!

大きな損をしているかもしれません。

今回は、あえて世間で思われている”逆”

 

美容室>1000円カット⇒1000円カット>美容室

 

 

という話をしていきたいと思います。

いやいや、やっぱり美容室の方がいい!という人ももちろん多数いることでしょう。

でも、あまり考えたことがないという方。

アナタはもしかしたら1000円カットが合う価値観の持ち主かもしれません…

 

大切なのはどちらも経験してみること。

そのために、まずは1000円カットに興味を持っていただけるようメリットをたくさんお伝えします!

ということで、美容室よりも1000円カットが圧倒的にオススメな10の理由を紹介していきたいと思います。

 

①時間がはやい

通常、美容室でヘアカットしようと思うと、結構時間がかかります。

ヘアカットが始まってから終わるまでが1時間くらいかと思います。

でも、1000円カットは10~15分程度でヘアカットが終わります。

なんと50分も時間を浮かせることができるんです!

50分といったら、学校の授業の時間に相当しますね。

例)月に1回美容室に行く場合…

年間12回×50分=600分=10時間

ということで、年間10時間浮かせることができます!

10時間あれば大切な家族や友人とちょっとしたお出かけができますね。

 

結局、1000円カットも待ち時間がかかるでしょ?という方もいらっしゃるかと思います。
でも、それはヘアカットの時間とは性質が全く異なります。

というのも、

髪を切られている時間は何もできない=自由度が低い
1000円カットでの待ち時間=かなり自由度が高い

今の時代、スマホ1つあれば、漫画も本も読めるし、映画やTVも見ることができます。
多くの方にとって、これらは趣味ですよね?
どっちにしろ自宅でやることを1000円カットのソファーでやっているだけのこと。

つまり、”待ち時間”=”自由時間”なんです。
もちろん、ノートPCを持って行って仕事をするのもありですね。

 

②ほとんど会話をしなくていい

人間関係が苦手な人って結構多いですよね!
僕はHSPだと自覚しているのですが、他人とは会話をするのに、結構パワーを要してしまいます。

なんか、変な間があるな…
なにか話をかけた方がいいかな?
ちょっとリアクションが薄すぎたかな?
たまにはこちらからも話を振った方がいいかな?
でも、あんまりプライベートなことも…

などなど、あれこれいろんなことを考えてしまいます。

また、反対に気を遣われるのも苦手。

もちろん、それが美容師さんの仕事だと分かってはいるのですが。
なんだか、盛り上げようとしてくれているのが申し訳ない。

たまたま話があって、盛り上がったからと言って1か月後にまた同じ話題を用意してもらうのも、気まずい。(笑)
「わざわざ覚えていてもらったのかな…」
「次も、同じ話をしたら話題が持たなくなるな…」
なんて。

同じように、美容師さんとのコミュニケーションが疲れる人にはたったの10分で済んでしまう1000円カットはめちゃくちゃ楽です。

「今日はどんなヘアスタイルにしますか?」
「こんな感じでよろしいでしょうか?後ろご確認ください!」
「帰宅後は早めにシャンプーしてくださいね」

だいたい、このようなヘアスタイルの話だけで済んでしまいます。

もちろん、お話好きの方でしたら話をかけても大丈夫です!(笑)
普通の美容室よりは短い時間になりますけどね。

ただ、話すのが苦手な人が1000円カットの気楽さにハマることが多いせいか、
カット中はしゃべらないお客さんが半数以上という感じです。

美容師さんも1000円カットの客層として、会話をしたくないタイプの人が多いことも十分承知しているかと思います。

このように1000円カットでは無駄な気遣いは不要です!

また、シャンプーやトリートメント、ヘアオイルやお店の回数チケットなどの営業もされません。

③値段が安い

美容室ヘアカット代金の全国平均価格ってご存知ですか?

答えは3300円。

 

1000円カットなら、もちろん1000円で済んでしまいます。
2300円も浮かせるごとができるんです。

月に1回ヘアカットすると、
2300円×12か月=27600円
年間で約3万円もの差が出てきます。

3万円あれば二人でリーズナブルな1泊旅行ができてしまいますね!
人生に1つ大切な思い出を増やすことができます。

ヘアカットって、髪が伸びる限りは一生しなくてはならないですよね。
つまり、生活における固定費。

固定費を節約しようと思うと、
電気代、ガス代、水道代、通信費というものに注目しがちです。
それらを節約しようと思うと生活に”ガマン”を強いられます。
なるべく電気のコンセントを抜いておく、WiFiはなるべくコンビニのを使う、水圧は下げて節水に励む。

でも、実はその方向性で頑張るのはオススメできません。
なぜなら、もっと大切な”時間”を失うことになるので本末転倒になってしまうんです。

でも、美容室を1000円カットに変えるのは、ほぼガマンすることなく簡単に節約ができてしまいます。
そのうえ、何よりも大切な時間も節約できてしまうんです。

④頻繁に来れる

美容室となると、ヘアカットして3300円ですこし高い。
ほんとはもう少し頻繁に髪を切りたいけど、なるべくぎりぎりまでガマンしている…
なんて人もいるのではないでしょうか?

1000円カットなら美容室でかかる費用の3分の1以下。
お金を気にしすぎることなく切りたいタイミングでヘアカットすることができますね!

特に、人前に出る仕事をする人。

このような人には清潔感が非常に重要です。
どんなに高額なスーツを着て、ピカピカのカバンを持っていてもボサボサの髪では無意味です。

あと、僕もそうなんですが、特にくせ毛だったりすると常に短くしておきたいものですよね。
湿気が多い日なんかは髪が大爆発なんてことも。

常に短く整えてある髪の毛。
清潔感を出すにはこれが何よりも大切です。

 

⑤むしろ腕が良い人が多い

「1000円カットに前から興味はあるけど、変な髪形になりそうでなかなか入る勇気がないんだよね…」
実は、このような人がとっても多いかと思います。

もし自分が1000円カットの美容師だったと想像してみてください。
毎日、お客さん30人のヘアカットをします。
徹底的にヘアカット”だけ”を数年間です。

一方、美容師だと1日数人レベルです。
ヘアカットもしますが、シャンプーだったり、カラーリング、ケア、縮毛矯正、着付け、もちろんコミュニケーションにも十分に力を割きます。

ヘアカットだけでいったらどちらが上達しそうですか?

もちろん1000円カットの美容師ですよね。
というか、ヘアカットを極めて、もう職人のレベルに到達できると思います。

人はあれもこれもとマルチタスクになるほど集中力が下がり、精度が落ちていくという研究結果があります。(実感として分かる人も多いと思います。)

ちょっと良い例えが思いつかなかったのですが…

誰かと会話しながら、絵を書いて、さらに次の予定を考えるってできます?
出来たとして、その絵の完成度は高いでしょうか?

僕がもし絵を購入するなら、書くことだけに集中した作品を欲しいなと感じます。

「ヘアカットがうまい美容師が多いというのは分かった!
でも…だったら、なんで1000円カットの悪い評判を聞くのか?」

ということについてですが…

色々考えられます。

・偶然1000円カットを始めたばかりの新人に当たってしまった。
・美容師のセンスが自分には合わなかった
・美容師がたまたま失敗してしまった

これらはどんな美容室に行っても同じです。

・たったの10分でヘアカットが終わるはずないと信じ込んでしまっている
・自虐的に「オレ1000円カットだから」という人からの影響を受けている

これは、心理的な問題。

どうしても、安い=低品質だと思ってしまうのは当然です。
また、美容室ならではの大切にされている感にも欠けると思います。

でも、だからと言って1000円カットが下手だということにはなりません。

そもそも1000円カットの美容師のほとんどは、普通の美容室から転職してきています。

理由はそれぞれですが、
たとえばカラーリングの際の薬剤でアレルギーになってしまったという方、
有名チェーン店に就職したものの給料に不満で1000円カットで独立したという方、
結婚して美容室を退職したが、子供が大きくなったので1000円カットでパートをしている方、
技術には自信があるけど、お客さんと深い関係を作るのが苦手という方…etc

だから、1000円カット=技術が低いは思い込みです。

(逆に言えば、どんな物も”演出”で高く売ることや満足感を上げることが可能になります。そのあたりの話はまた今度。)

カットの腕で選びたいと思う方は、むしろ1000円カットに行ってみるべきです。
しかも、自分のセンスにあう美容師を見つけるために数件行ってみてください。
きっと、アナタが気に入る凄腕の美容師に出会えるはずです。

⑥必要な部分だけにお金を支払える。

1000円カットは、むしろ上手い美容師に当たる可能性が高いというお話をさせて頂きました。

では、どうして普通の美容室は3300円の価格設定にしているんでしょうか?
もっというと、カット5000円のお店なんかも見かけますよね。

そのようなお店は付加価値をつけているから、高く価格を設定しているんです。
本来は1000円でできるカットに上乗せして、美容師さんとのトーク、シャンプー、オシャレな空間、テナント代の費用を支払っているんです。

ここで一度考えてみてください…

アナタは本当にヘアカット以外の部分に2200円を支払うほどの魅力を感じますか?

もしも、感じないのであればあなたにとって不要なものにお金を支払っていることになります。

言ってみれば、美容室のサービス=過剰包装なんです。

amazonなどの通販で、商品は1000円だけど、梱包代が2200円になります!と言われている状態。
段ボールやクッション材をふんだんに使用してくれます。

これって嬉しくないですよね?(価値を感じない人にとっては)

1000円カット=中身だけ購入OK
という状態。

それでいい人には十分です。

余談ですが、1000円カットと似ているビジネスだなと思ったのがいきなりフレンチ。
一時期とっても話題になっていたフランス料理のチェーン店です。

料理の質にはこだわっていて、実際に味も素晴らしいです。
その代わり、それ以外の経費を節約して、回転率をあげ、時間単価を上げる。

そのおかげで、お客さんは他店と同レベル(か、それ以上)のフランス料理を低価格で食べれる。

お店の高級感や、店員の対応、ゆっくりできることに価値を見出す人には通常のフランス料理店でいいかもしれないですが、
そこにはあまり魅力を感じず、ただのオマケみたいなもんだという発想の人も多数いるはずです。

「そんなオマケはいらないから、美味しい料理だけ食べさせてくれ!」

そういうお客さんとっては素晴らしいシステムですよね。

それと同じで、1000円カットはヘアカットだけにお金を払いたいという人にはベストです。

そして、重要なのはいきなりフレンチも1000円カットもメインサービスだけで勝負をしているというところです。
その為、もし回転率だけに気を取られてサービスの質を落とせば、すぐにお客さんが来なくなるというリスクも兼ね備えてます。

そのリスクがサービスの質も保っているんです。

自分が何に価値を感じてお金を払っているのか?
自分にとって不必要なものに、盲目的にお金を払っていないか?
包装の部分、おまけの部分にお金を払いすぎていないか?

そのようなことを改めて見直すきっかけになると思います。

⑦予約が不要

美容室だと、基本的には予約が必要なところが多いですよね。
(予約をしていっても1時間くらい待たされる場合もあります…)

でも、1000円カットであれば予約は一切不要。

たとえば、今日は仕事が早く終わった!
こんな時に帰りに寄ることもできてしまいます。

急に予定が空いたり、気が向いたとき、急ぐときなどにはうってつけです。
もう、その日は予約がいっぱいで…と断られることもありません。

美容室様のご都合に合わせる必要は一切ありません。

⑧シャンプーをしなくて済む

これは一部の少数の人にとってはメリットというレベルの話ですが、
他人にシャンプーをして欲しくないという方もいるかと思います。

シャンプーをすると、顔の周りだったり、首元だったりが濡れてしまいます。
神経質な人だとこの状態が結構気持ち悪い。

そして、シャンプーを終えると頭はさっぱり!体はベトベト…という不思議な状態になります。

それって意味ないんじゃ…?
と個人的には思ってしまいます。

美容室だとヘアカットをしたのちに当然シャンプーをすることになります。
でも、これって例えば、朝ヘアカットをしたら、夜お風呂に入るときにはまたシャンプーをすることになりませんか?

逆に、夜にヘアカットをすると、お風呂ではシャンプーをしなくてもOKという人もいますが、
僕の場合はお風呂に入った時点で汗をかくのでやっぱりシャンプーをします。

となると、人にもよりますが、なぜか1日に2回頭を洗うということになります。

その点で1000円カットであれば、髪を切った後にお風呂に入れば効率的です。

⑨お店を変える気まずさを感じずにすむ。

美容室に行くと、だいたいは美容師さんとある程度の関係性ができてしまいます。
なぜなら、一回ヘアカットに行くと60分間も一対一だからです。
気付いたら、趣味や、仕事、どこに住んでいるかなど、お互いのプライベートなことを知っているということもあり得ます(笑)

仲良くなればなるほど、もう途中で美容室をかえるのが気まずくなります。

ちょっと他の美容室にも行ってみたいなと思っても、なんとなく浮気をしている気持ちに。
しかも、美容室にあのお客さんがそろそろ来るはず…って把握されているのでは?
なんてことも考えてしまいます(笑)

そして、完全に美容室を乗り換えた場合。
担当の美容師さんに町で偶然会ってしまったらどうしよう…という状態になります。

でも、1000円カットならコミュニケーションもそこまで深くないです。
ちょうどよい距離感を保つことができ、精神的にしばられずに済みます。

最近では1000円カットが定着して店舗数がかなり増えています。
また、個人経営の1000円カットもあったり、コンセプトのある1000円カットが出来たり。

ちょっと行ってみたいなというときに、気軽に他のお店を”味見”できます。

もちろん、たまーに普通の美容室に行ってみて、クオリティーを比較するのも良いですね!
もしくは、カラーリングだけは美容室にいくとかもできます。

そのように試行錯誤していく中で、あなたにとってベストなお店を見つければいいんです。

⑩部分カットが気軽にできる

たとえば、すくだけや前髪だけのカットをしたいなんていうときも1000円カットはオススメです。

普通の美容室でも前髪カットというメニューを用意しているところもあります。
だいたい500円~1000円程度ですね。

でも、安いから気をつかってしまうというか…
その時間があったら他のカラーなど単価が高いお客さんをやった方がもうかるだろうし、迷惑になってないかな~?
と不安になってしまいます。

また、前髪だけを切ると、襟足や全体のボリューム感が気になってきて、結局全部カットして欲しい!
ということになったりもします。

でも、前髪カットで予約して普通のカットに変更したら、他の待っているお客さんにも迷惑です。

1000円カットであれば、そのような精神的なわずらわしさを感じずに部分カットをオーダーすることができます。

 

 

 

1000円カットのデメリットと美容室のメリットは?

 

散々1000円カットの良い部分をpick upしてきましたが、もちろん逆の見方もできますね!
1000円カットに合わない人だってたくさんいますし、デメリットもあります。

そして、美容室の優れたところもたくさんあります!

以下に紹介していきます。

1000円カットならではデメリットとは?

・カット後には自分でシャンプーをする必要あり。
・カットした後の毛が顔につく。
・カットした後にそのまま人に会えない。
・美容師の指名ができなところが多い。
・男性客ばかりなので、女性は行きにくい。
・雑誌などの充実度は低い。
・1000円カットに行っているというと、貧乏そうに見られる。
・お話し好きには物足りない。
・行ってみて混んでいるときもある。

ということで、このようなデメリットがあります。
「でも、そこまで気にならない」
そのような人が通えばいいんです!

 

・逆に、美容室のメリットは?

・カラー、トリートメント、縮毛強制ができる。
・オシャレになった気になれる。
・キレイな空間を楽しめる。
・指名ができるところが多い。
・シャンプーをしてもらえる。
・(床屋なら)顔そりができる。
・コミュニケーションを楽しめる。
・大切にされている感を味わえる。
・コーヒーなど飲み物を出される。

美容室でしかできないことも沢山ありますよね。
カラーリング、パーマなどオシャレにこだわりがある人には美容室が必要不可欠。

美容師さんとの会話が楽しみだという方もいるかと思います。

トータルでの満足感を求める方にも美容室が向いていますね!

 

こんな人は美容室より1000円カットがオススメ

 

・時間を大切にしている人
・お金を他のことに使いたい人
・必要なものだけにお金を払いたい人
・頻繁に髪を切って清潔感を保ちたい人
・美容師さんとの会話が苦手な人、シャイな人
・ブランドに興味がない
・カラー、パーマなどをしない人
・髪を切ることに集中して欲しいと考えている人

これらに当てはまる人は、美容室よりも1000円カットが合っていると思います。
一度、行ってみて損はないかと。

 

僕が1000円カットを選んでいる理由

まずは、美容師さんとの会話が苦手ということがあります。
そこに精神力を注ぎたくないタイプです…

そして、時間がもったいない。
もう自分の中で髪は10分くらいで切れるものと思っています。
しかも上手に。
にもかかわらず、トータルで1時間かける意味はないかなと。

また、1000円カットは一回一回の精神的な疲れがホントに少ない、つまり気軽に来れます。
頻繁にヘアカットをすることで清潔感を保つことができます。
天然パーマの僕にはピッタリです。

そして、お金の節約。
正直、お金は結構あります。

でも、なにも考えずに使うことはしたくありません。
自分がときめかないもの、”自分にとって”不要なものには使うべきじゃないと考えています。

僕は、美容師さんの接客や、空間や、大切にされている感、ブランドには価値を感じないタイプの人間です。

であれば、価値を感じるヘアカットサービスの部分だけにお金を払うべき。

この考えは年収1億に到達しても変わらないです。

 

 

絶対に外したくない!僕は1000円カットをこう選ぶ

僕が1000円カットを選ぶうえでの条件は、

・個人経営であること。
・美容師1名のところ。
・ある程度お客さんが入っているところ。

この3点です。

個人経営には大きなリスクが伴います。
もし、客さんが来なかったらその店舗を撤退すればよいというチェーン店とは異なります。

また、パートさんのように嫌なら辞めて他の店に行けばいいというのは許されません。

自分のヘアカットの技術だけで巨大なチェーン店と戦い、勝ち残らなくてはなりません。
人生がかかっているので、覚悟が違います。

早かろう、安かろうではあっという間にお客さんは流れていくので油断できません。

このような理由で、個人経営はヘアカットの満足度は高いところが多いと考えています。

そして、美容師1名でやっているということも大切です。
1000円カットのデメリットである指名ができないという部分をカバーできるからです。

美容師さんが1名しかいないのであれば、何度行っても同じ美容師さんにヘアカットして貰えます!

せっかく自分に合った美容師さんが1000円カットにいたのに、指名が出来なくて残念…
というようなことはありません。

最後にお客さんの入りですが、1000円カットでガラガラのお店はちょっと怖いですよね。(笑)
一回通り過ぎた時にお客さんが入っていなかったというなら、まだしも。
通るたびお客さんが入っていない…土日なのにすいている…という場合は、僕は避けます。

お客さんの入りというのが、その美容師さんの評価ですからね。

せっかくなら、1000円カットの中でもお気に入りのお店でヘアカットしたいですよね!

僕は5回以上引越しをしているため、何回もお店を変えていますが、この3点が揃っているお店でハズレはありませんでした。

もちろん、チェーン店でも素晴らしいお店はたくさんありますが、どんなお店に行くべきか迷っている方は参考まで。

 

 

まとめ

一言でいうと、

美容室は感覚・イメージの付加価値を売っている。
1000円カットはサービスだけに絞っている。

どちらにも一長一短があります。

だから、最終的には自分に合っている方を選べばいいと思います。

ただ、現状としてはイメージだけでなんとなく1000円カットを避けている人が多いかと思います。
それはもったいないです。

両方体験してみて決めればよいことです。

今回はたくさんの1000円カットのメリットを上げてみたので
『1度だけ経験してみるか…』
と行くのをためらっていた人に思ってもらえれば幸いです。

たかが1000円カットにそこまで…と思うかもしれません。

でも、これは実はもう少し大きな問題。

・お金・時間をどのように使うべきか?
・自分にとっての優先順位、価値のあるもの、ないものの見極め

を考えるきっかけになります。

盲目的に情報に流されるのではなく、何事も考えることが大切です!

ということで、是非とも、一回は1000円カットを経験してみてくださいね。
そのうえで、自分にとっての美容室と1000円カットを位置付けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です